お知らせ&書庫

ホーム » お知らせ&書庫 » » ペレットクラブ メールニュース(No.191)を配信しました(6/30)

ペレットクラブ メールニュース(No.191)を配信しました(6/30)

【Pelletclub E-mail News◇2020.6.30◇No.191】を配信しました。

なお、前号(E-mail News◇2020.5.29◇No.190)は、こちらから。

※ 当会のWEBに掲載するE-Newsの添付ファイルについては、最新号が配信された段階で、前号のファイルをアップします。なお、当会会員宛に配信してい るE-Newsには、ファイルを添付して配信しております。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         Pelletclub E-mail News   ◇   2020.6.30   ◇   No.191
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

全国的に製材品の動きが良くないために原木市場が受け入れを停止しているよう
です。コロナ禍の前に消費税増税の影響で向こう数年分の住宅(木材)需要を先
取りしたことに加え、コロナで住宅購入を手控える人が増えているからだと思わ
れます。工務店も今年は受注残があるようですが、来年度はまったく仕事がない
という方も多くみられます。

マグロの赤身やトロといった刺身が寿司や刺身として売れないからといって、赤
身を中落ちとして販売することが経済的に不可能なように、バイオマス産業は林
業・林産業あっての静脈産業ですから、林業・林産業が停滞すると、バイオマス
産業も影響を受けます。

製材や製紙が停滞すると、一時は原木価格が低下するでしょうけれど、製材原木
やパルプ材の価格をバイオマス材の価格として販売を続けると、今度は素材生産
業が悲鳴を上げて、淘汰されます。そうなると、今度は逆に原木価格が上昇に転
じるでしょう。需要と供給の関係ですね。

製材向けの原木供給が先細る中で、唯一、元気なのはバイオマス発電です。従っ
て、今後、半年から1年の間に、行き場を失った原木の出先はバイオマス発電へ
の一本足打法となりそうな雰囲気ですが、先にも書いた通り、それでは原木の平
均価格が維持できません。素材生産業が破綻するか、破綻を恐れて差益の補助の
ようなものが考案されるか。二つに一つでしょう。

この事態は、我々のように国内のペレット産業に関わる、いわゆるバイオマスの
熱利用も例外ではありません。原木価格の下落や上昇は燃料価格に直接的な影響
を及ぼすほか、住宅産業の停滞は家庭用のストーブやボイラといった機器の市場
に影響を及ぼします。

我々としては、全国に150以上整備されたペレット工場の今後を心配しています。
具体的に我々に何ができるのかはわかりませんが、お困りの工場があれば、一度、
お声がけください。国内のバイオマス燃料の供給拠点を今後も維持しなければな
らないと思っています。既に廃業された所もあるようなので。

今月のバイオマスニュースをお届けします。

MN_2020_06.pdf

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        ◇転送・転載大歓迎◇
 ───────────────────────────────────
 ◇このメールニュースは、ペレットクラブの会員に対して配信しております。
 ───────────────────────────────────
 ◇メールニュースに掲載する情報の提供を歓迎します。情報の掲載を希望等の
   問い合わせは事務局 info@pelletclub.jp まで連絡ください。
───────────────────────────────────
 ◇メールニュースの転送や転載も歓迎いたします。ただし、転載の場合は出所
   を明記してください(ペレットクラブ E-mail News No.XX等)。
 ───────────────────────────────────
 ◇メールニュースの購読中止を希望される場合は、件名に「購読中止」と書い
   て返信してください。配信先から削除します。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          「ペレットクラブ 電子メールニュース」
                                   http://www.pelletclub.jp
       発行:ペレットクラブ  発行責任者:小島健一郎(026-252-7506)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━