お知らせ&書庫

ホーム » お知らせ&書庫 » » ペレットクラブ メールニュース(No.155)を配信しました(1/5)

ペレットクラブ メールニュース(No.155)を配信しました(1/5)

【Pelletclub E-mail News◇2018.1.5◇No.155】を配信しました。

なお、前号(E-mail News◇2017.12.14◇No.154)は、こちらから。

※ 当会のWEBに掲載するE-Newsの添付ファイルについては、最新号が配信された段階で、前号のファイルをアップします。なお、当会会員宛に配信してい るE-Newsには、ファイルを添付して配信しております。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、ペレットクラブは昨年の10月から
ペレット燃料の規格をJAS規格として制定するための委員会に参加しています。
主催は日本木質ペレット協会で、農水省や林野庁の他、日本ペレットストーブ工
業会、試験機関などが参加しています。

年末の12月22日に第2回の会合が開かれ、ISO規格を元にしてJAS規格の原案を作
ることが決まりました。次回、1月26日の第3回委員会に当会から原案を提示し、
2月9日の第4回でとりまとめを行う予定です。

まだ最終的な結論は出ていませんが、ISOを元にJAS規格を制定することで、業界
の長年の課題であった「国内の統一規格」ができることになります。このことに
よって、国産ペレットの品質が向上するのであれば、ペレットのユーザーにとっ
ては大変ありがたいことです。またEN規格が元であるISOを基本とすることで、
省エネ基準におけるストーブの評価も問題なく実施できそうです。

そのほか、12月末には国産1号となるペレットストーブ認証のための査察を行い
ました。1月中旬に審査委員会を開催し、認証品を市場に送り出すことができる
でしょう。

燃料の認証についても、1月末から2月にかけて、これまでの継続事業として認証
を実施する予定です。来年度以降、認証機関は外部に委託する予定ですが、いず
れにしても燃料の認証活動も引き続き推進してまいります。

これらの活動は全て、省エネ基準の本格施行に対応するための重要な要素です。
規格や認証といった基本的な要素がきちんと整備されることで、温熱(暖房)市
場におけるペレットの信頼性が高まり、2020年以降にペレット市場が家庭分野で
拡大しても、安心して消費者にペレットを使っていただけると考えています。

準備期間は残すところあと2年しかありませんが、本年が勝負所と考えておりま
すので、皆様ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、ここで1点、部会の延期について。

昨年10月20日に開催した部会において、第2回の部会は2018年1月12日(金)に開
催予定とお伝えしましたが、ストーブや燃料の認証作業や省エネTGの対応など準
備が整っていない為、2月16日(金)に延期させていただきます。

開催場所は都内を予定しております。会場が予約でき次第、本ニュースで通知い
たしますので、部会に参加される企業団体会員の皆様は、次の連絡をお待ちくだ
さい。

以上、年始のご挨拶と部会の連絡まで。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        ◇転送・転載大歓迎◇
 ───────────────────────────────────
 ◇このメールニュースは、ペレットクラブの会員に対して配信しております。
 ───────────────────────────────────
 ◇メールニュースに掲載する情報の提供を歓迎します。情報の掲載を希望等の
   問い合わせは事務局 info@pelletclub.jp まで連絡ください。
───────────────────────────────────
 ◇メールニュースの転送や転載も歓迎いたします。ただし、転載の場合は出所
   を明記してください(ペレットクラブ E-mail News No.XX等)。
 ───────────────────────────────────
 ◇メールニュースの購読中止を希望される場合は、件名に「購読中止」と書い
   て返信してください。配信先から削除します。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          「ペレットクラブ 電子メールニュース」 
                                   http://www.pelletclub.jp
       発行:ペレットクラブ  発行責任者:小島健一郎(026-252-7506)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━