お知らせ&書庫

ホーム » お知らせ&書庫 » » ペレットクラブ メールニュース(No.145)を配信しました(6/15)

ペレットクラブ メールニュース(No.145)を配信しました(6/15)

【Pelletclub E-mail News◇2017.06.15◇No.145】を配信しました。

なお、前号(E-News No.144◇2017.05.15◇)は、こちらから。

※ 当会のWEBに掲載するE-Newsの添付ファイルについては、最新号が配信された段階で、前号のファイルをアップします。なお、当会会員宛に配信してい るE-Newsには、ファイルを添付して配信しております。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        Pelletclub E-mail News   ◇   2017.6.15   ◇   No.145
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

先日、熱心な会員さんからペレットモニターキャンペーンに関してご意見をいた
だきました。その意見を要約すると「モニターからのコメントがウェブに掲載さ
れるようになったが、ペレットクラブとしての解説が付属していないので理解に
苦しむ」という内容でした。

以前にも書きましたが、このキャンペーンはペレット燃料を「ユーザー自らが評
価する」という点が重要で、生産者の自己満足ではなく、また我々のような団体
による試験や認証でもなく、実際に使用した感想である点に面白みがあると考え
ています。

結果①渉久保田さん
http://www.pelletclub.jp/library/2017/05/post-4.php

結果②ペレ子さん
http://www.pelletclub.jp/library/2017/05/post-5.php

結果③やまなしさん(クロマツペレット)
http://www.pelletclub.jp/library/2017/05/post-6.php

結果④やまなしさん(かどかわペレット)
http://www.pelletclub.jp/library/2017/06/post-7.php

とはいえ、ユーザーはあくまでナマの感覚で評価しているため、第三者的な評価
も同時に必要だということだと受け止めました。

というのも、例えば灰の問題一つをとってみても、仮にA1クラス(灰分は0.7%
以下)の評価を受けている燃料を使ってみたところが、意外と燃焼ポットに灰が
残留したことで、いつも使っている燃料よりも灰が多いように感じた、というよ
うな事があります。

これはしばしば起こる問題なのですが、規格による灰の量はあくまで重量で評価
している点が重要です。燃焼ポットに残る灰は大きく2種類あり、一つはカチカ
チのクリンカになるもの、もう一つは指で押すとモロモロに崩れるような柔らか
い灰(スラグなどと呼ばれる)です。スラグは重量がほとんどないのですが、燃
焼ポットから排出されにくいため、見た目は灰が多く発生したように感じます。

このクリンカ/スラグの問題は欧州でも大切な研究テーマとなっており、単なる
灰融点だけではなく、どのような成分がどのような化学的な反応によってどのよ
うな温度帯で問題を引き起こすのか、灰融解特性(Ash Fusion Characteristic)
という分野で様々な研究がなされています。特に原料となる樹木の樹種や部位あ
るいは発生源(土が混ざるような場合等)によっても灰の性状は異なってきます。

また、窓の曇りの問題なども、なぜかスギを原料に混ぜると窓が黒く曇ります。

これらの問題は単に燃料の成分だけに起因するものではなく、ストーブ側の制御
や燃焼機構、特に燃焼ポットの構造と風量にも大きく影響されます。国産のストー
ブは灰が多い燃料に適応するために、欧州製に比べて比較的多くの風量で灰を吹
き飛ばすような設計になっています。一方、欧州ではホワイトウッドを原料とす
るA1クラスの燃料が一般的であるため、それらを効率よく燃焼させるために設計
されています。

ある意味で、欧州製のストーブはハイオク仕様、日本製はレギュラー仕様といっ
たところがあり、その辺の違いも見た目の評価に影響を及ぼすのです。

ですので、モニターキャンペーンの個々のコメントに対して逐一クラブ側から解
説を加えられるかというと、原因の特定が難しい事項も多い為、簡単ではないの
ですが、重要な問題でもあるため、内部で協議して結論を出したいと思います。

少なくとも、キャンペーンに協力してくださった燃料メーカーの方々が残念に思
うようなアウトプットになることだけは避けないといけません。

何事にも新しい事にはチャレンジが伴いますので、この課題は想定内ですが、ペ
レットのファンを増やしたい我々としては、大変重要な問題だと受け止めており
ます。

前置きが長くなりましたが、添付ファイルで今月のニュースをお届けします。

MN2017_No.145(1)_bioinfo.pdf
MN2017_No.145(2)_pellet.pdf
MN2017_No.145(3)_event.pdf
MN2017_No.145(4)_subsidy.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇転送・転載大歓迎◇ ─────────────────────────────────── ◇このメールニュースは、ペレットクラブの会員に対して配信しております。 ─────────────────────────────────── ◇メールニュースに掲載する情報の提供を歓迎します。情報の掲載を希望等の 問い合わせは事務局 info@pelletclub.jp まで連絡ください。 ─────────────────────────────────── ◇メールニュースの転送や転載も歓迎いたします。ただし、転載の場合は出所 を明記してください(ペレットクラブ E-mail News No.XX等)。 ─────────────────────────────────── ◇メールニュースの購読中止を希望される場合は、件名に「購読中止」と書い て返信してください。配信先から削除します。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「ペレットクラブ 電子メールニュース」 http://www.pelletclub.jp 発行:ペレットクラブ 発行責任者:小島健一郎(026-252-7506) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━