お知らせ&書庫

ホーム » お知らせ&書庫 » » ペレットクラブ メールニュース(No.144)を配信しました(5/15)

ペレットクラブ メールニュース(No.144)を配信しました(5/15)

【Pelletclub E-mail News◇2017.05.15◇No.144】を配信しました。

なお、前号(E-News No.143◇2017.04.13◇)は、こちらから。

※ 当会のWEBに掲載するE-Newsの添付ファイルについては、最新号が配信された段階で、前号のファイルをアップします。なお、当会会員宛に配信してい るE-Newsには、ファイルを添付して配信しております。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        Pelletclub E-mail News   ◇   2017.5.15   ◇   No.144
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

すっかり暖かくなり、既に夏日もちらほら。

ペレット生産者の皆さんはシーズンが終わって、来シーズン(今年の冬)の生産
(備蓄)に取り組んでおられることと思います。

先日ある生産者を訪問し、近況について伺う機会がありました。そのメーカーは
年間2,000トン以上を生産しておられますが、ここ2シーズンはペレット工場単
体で赤字が続いているとのこと。原油安とか暖冬など色々な要因が考えられると
いうことでしたが、このまま今シーズンも赤字が続くと、企業として持ちこたえ
るのが難しくなるとのことでした。

実際、新潟の(株)WPPCは4月25日付で破産申請の準備に入ったとの報道があり
ました。負債総額は8,600万円。新聞には「暖冬の影響を受けて苦戦を強いられ
た」と書かれていました。それ以外にも要因はあるのでしょうけれど、全国でペ
レット工場の倒産や廃業が相次いでいるとも聞いており、事態は深刻さを増して
いると感じています。

国内のペレット工場は2000年にはたったの3工場だったものが、この10年ちょっ
とで140まで増えました。しかしながら、それらのほとんどは経営不振であるこ
とを思うと、ペレットクラブとしては、消費サイドから需要を増やしていくよう
な取り組みが求められているのではないかと、考えています。

今月のニュースを添付ファイルでお届けします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        ◇転送・転載大歓迎◇
 ───────────────────────────────────
 ◇このメールニュースは、ペレットクラブの会員に対して配信しております。
 ───────────────────────────────────
 ◇メールニュースに掲載する情報の提供を歓迎します。情報の掲載を希望等の
   問い合わせは事務局 info@pelletclub.jp まで連絡ください。
───────────────────────────────────
 ◇メールニュースの転送や転載も歓迎いたします。ただし、転載の場合は出所
   を明記してください(ペレットクラブ E-mail News No.XX等)。
 ───────────────────────────────────
 ◇メールニュースの購読中止を希望される場合は、件名に「購読中止」と書い
   て返信してください。配信先から削除します。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          「ペレットクラブ 電子メールニュース」 
                                   http://www.pelletclub.jp
       発行:ペレットクラブ  発行責任者:小島健一郎(026-252-7506)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━