トップページ -> 木質ペレットについて -> 木質ペレット燃料の利用

木質ペレット燃料の利用

ペレットの価値 歴史 製造 ペレットが届くまで 全国各地の普及団体

木質ペレットは目的にあわせて様々な使われ方をしています。熱出力百MW単位の大型ボイラーでは、ペレットの形状は輸送と貯蔵のためだけに用いられ、燃料は粉砕され浮遊燃焼されます。この種の大型ボイラーは発電や地域熱供給といった地域エネルギーの供給を担っています。

一方、中・小規模ボイラーは、工場の自家発電装置として使われたり、病院や学校の暖房用に使われています。また家庭で気軽に使えるものとしてペレットストーブもあります。こういった小規模ボイラーやペレットストーブは、企業や家庭がバイオマスエネルギーを導入したいと考えた際に、取り扱いの面からもコストの面からも大変使いやすいものといえます。特に家庭で利用しやすいペレットストーブは、エアコンなどに代わる暖房設備として非常に注目されています。

熱出力300MWのボイラー施設
上の施設へペレットを搬入するタンカー(スウェーデン)
出所:Birka Energi社パンフレットより
15〜40kWの小型ボイラー(スウェーデン)
日本製ペレットストーブ
スウェーデン製ペレットストーブ
アメリカ製ペレットストーブ
Copyright (C) 2004 Pellet Club Japan All Rights Reserved.
当ホームページ記載の内容に関する著作権は、すべてペレットクラブに帰属します