トップページ -> イベント情報 -> バイオマス・イニシアチブ2005 東京シンポジュウム

バイオマス・イニシアチブ2005
東京シンポジュウム

持続可能な林業と木質バイオマス − 新たなコンセプトとテクノロジー

ー開催のご挨拶−

バイオマスプラント

京都議定書が、2005年2月16日に発効しました。地球温暖化防止の一環として、日本政府は『バイオマスニッポン総合戦略』等の施策によって、バイオマスの利活用を奨励し、地方自治体等によるバイオマス利活用を支援しています。全国各地では、自治体や地域の基幹産業である林業関係において、地域の活性化や雇用創出の観点から木質バイオマスのエネルギー利用が注目されているところです。

ペレットストーブ

一方、オーストリアは国土の46%が森林に覆われ、ヨーロッパ諸国の中では森林面積の割合が大きい国です。しかもその森林が毎年7,700ヘクタールづつ増加しています。このような背景から、木質バイオマスの利用は国の伝統であり、現在、一次エネルギーに占めるバイオマスの割合はおよそ10%に達します。特に木質バイオマスをエネルギー利用する産業部門として、製材をはじめとする木材工業、紙パルプがあげられます。

ペレット

このたび、オーストリア大使館商務部とペレットクラブでは『バイオマス・イニシアチブ2005』を全国4箇所にて開催し、持続可能な森林経営や林産業と木質バイオマス利用の関連、ならびにこれらを通じた地域経済の活性化について、オーストリアの経験を日本の皆様に紹介したいと思います。私たちは、オーストリアの経験が、日本の木質バイオマス利用だけでなく、森林経営や木材工業の発展に寄与するものと期待しております。

シンポジウムの終了後にはささやかなレセプションを開催する予定ですので、皆様のご参加を賜り、有意義な意見交 換の場となれば幸いに存じます。

オーストリア大使館商務部・ペレットクラブ


  • 主催:オーストリア大使館商務部・ペレットクラブ(東京シンポジュウム)
  • 後援(予定):環境省/資源エネルギー庁/林野庁/木質バイオマス利用研究会/国土緑化推進機構
  • 名称:バイオマス・イニシアチブ2005
  • 日程/会場:
     月 日会  場事務局連絡先詳細/申込書
    東京シンポジュウム4/25東京大学
    弥生講堂・一条ホール
    ペレットクラブ(下記参照)PDFファイル
    高知シンポジュウム4/26ホテル三翠園 高知県産業技術委員会事務局
    嶋崎 雄史(Tel: 088-823-9644)
    PDFファイル
    山形シンポジュウム4/28山形ビッグウィングやまがた公益の森づくり支援センター
    阿部 征ニ(Tel: 023-631-6566)
    PDFファイル
    長野シンポジュウム4/29長野県農協ビル信州・木質バイオマスフォーラム
    竹垣 英信
    (森のライフスタイル研究所 Tel: 0265-74-7996)
    PDFファイル
  • 通訳:日独同同時通訳
  • 講師紹介
    • 熊崎 實 氏
      岐阜県立森林文化アカデミー学長
    • マルティン・エングリッシュ 博士
      (社) オーストリア・バイオエネルギー理事
      ofi(オーストリア化学技術研究所)エコ・テクニク研究室長
    • アドルフ・ヴェルツ 氏
      アイゼンカッペル地域暖房社長
      ケルンテン州バイオマス協会会長
  • 技術紹介
  • プログラム:
    時間内容
    12:40開場・受付
    13:00開会挨拶
    マルティン・バルテンシュタイン(オーストリア共和国 経済労働省 大臣)
    13:15基調講演
    • マルティン・エングリッシュ
      『オーストリアのエネルギー事情 − 代替エネルギーシステム及びバイオマス暖房と森林管理の密接な連関』
    • 熊崎 實
      『木質エネルギーの普及に向けて − 日本の課題』
    • アドルフ・ヴェルツ
      『バイオマスと森林管理 − アイゼンカッペル村からの証言』
    14:45休憩
    15:00オーストリア・木質バイオマス関連の技術紹介
    (アイグナー社、ビンダー社、カリマックス社、ケブ社、ミュールベック社、ポリテクニク社)
    16:30終了
    16:30レセプション(参加費無料)
    18:00閉会
  • 参加費:無料(東京シンポジュウム)
  • お申込:
    下記申込みフォームから、または、PDFファイルを印刷しFAXにてお申込みください。
    (注 他会場へのお申込はそれぞれの詳細・申込書をご覧ください)
  • 問合先:
Copyright (C) 2004 Pellet Club Japan All Rights Reserved.
当ホームページ記載の内容に関する著作権は、すべてペレットクラブに帰属します