トップページ -> イベント情報 -> 「近くの山の木を生かすための森林バイオマス連続講座」(全6回)

近くの山の木を生かすための
森林バイオマス連続講座(全6回)」

2004年10月〜2005年3月、毎月第2水曜 横浜市にて開講中

近くの山の木を生かすための森林バイオマス連続講座

近くの山(森林)は、今どうなっているの?

間伐などの手入れをしなければいけないけれど、神奈川では林業をなりわいにすることが難しい・・・。それでも、近くの山の木を生かして家を建てたり、建具や木工を作ったりする動きが広がっている。行政も、川上から川下まで連なった木の流れを作り出そうとしているようだ。

さらに、山の木(森林バイオマス)を生かすにはエネルギー利用もすすめたい。チップやペレットに加工して、ストーブやボイラーで燃やす動きも広がっている。できれば、ただ燃やすというだけではなく、システム全体を考えて、効率良く上手に使うことまで考えたい。

近くの山でどのような問題があり、それを乗り越えるためにどのような取り組みがなされているのか?この連続講座では、おもに神奈川の動きの中から、近くの山にある森林バイオマスを生かすために、私たちが知っておきたいことをまなびます。

詳細は、主催の神奈川森林エネルギー工房のHP(コチラ)をご覧ください。

Copyright (C) 2004 Pellet Club Japan All Rights Reserved.
当ホームページ記載の内容に関する著作権は、すべてペレットクラブに帰属します