トップページ -> 各種データ -> 木質ペレット燃料に関する自主規格

木質ペレット燃料に関する自主規格

1.制定の目的

木質ペレット燃料のさらなる普及と社会的定着をはかるにあたっては、一定水準の製品の消費者への提供、製品に関する情報の開示、およびそれらによる適正な利用の確保が前提となります。そうした観点から、木質ペレット燃料の生産、流通、消費の健全な発展をめざし、ペレットクラブはこの自主規格を制定しました。

2.制定までの経緯

ペレットクラブの前身である旧ペレットクラブ準備会は、2002年8月より計5回、事業者懇談会を催しました。そのなかで、木質ペレット燃料の規格の必要性が提起、確認され、ペレットクラブ発足後の主要なテーマのひとつとして位置づけられました。

2004年4月のペレットクラブ発足にともない、改めて事業者部会を設置し、以降ペレット事業に直接関係する企業関係者を中心に行政関係者の参加も得ながら、規格についての情報、意見の交換を行いました。(参加者名簿

3.制定までの日程

日時標準化に関する議論の内容と今後の予定
2004年8月19日
第1回事業者部会
旧ペレットクラブ準備会におけるペレット燃料の標準化に関する議論を、事業者部会で引継ぎ、今年度内の制定を目標に検討を進めることを確認。
2004年11月24日
第2回事業者部会
本日の議論を踏まえて論点を整理し、それをもとに次回さらに検討を加えることを確認。
2004年12月22日
第3回事業者部会
最終案を採択。
2005年1月24日〜3月10日 全国の燃料事業者へのヒアリング、ならびにホームページでパブリックコメントを受付
2005年3月11日〜4月24日 ヒアリング・パブリックコメント結果の自主規格への反映を運営委員会にて審議。
2005年4月25日 自主規格の制定
なお、賛同者の募集は制定後に行います。また、一年後に改訂を審議する予定です。

4.ヒアリング・パブリックコメントの結果とペレットクラブの見解

木質ペレット燃料に関するペレットクラブ自主規格案(PC WPFS-1)」について、1月24日から3月10日まで、事業者へのヒアリングならびにパブリックコメントの受付を行い、期間中に21のご意見をいただきました。

いただいたご意見に関しては、3月10日から4月24日の期間に運営委員会を開催し、寄せられたご意見の自主規格への反映を審議いたしましたので、結果をお知らせします。

全般的なご意見

  • 貴クラブがJIS等の規格に先駆けて木質ペレット燃料の自主規格制定に向けて努力していることに敬意を表す。
  • ペレットに関して消費者が解りやすい規格はとても大切である。国内においても各団体バラバラではなく、海外の規格にも通じるようなものにして欲しい。
  • スウェーデン・アメリカ・オーストリア、ペレット先進3カ国の規格に準じた規格が、国際性を待たせる意味で好ましい。日本を加えた4ヶ国の比較表を作成し、誰にでも一目でわかる形が望ましい。将来、保存期間のようなナンセンスな項目は削除願いたい。
  • ペレットの品質が燃料装置に影響を及ぼす可能性があるため、規格化は望ましい。
  • ペレットクラブ自主規格案については異議なし。ペレット製作に乾燥エネルギーや多大な電力を消費することは反対する。集成材工場の乾燥ペレットを15円/kgで販売することに賛成する。
  • ペレットの価格が10円/kg以下でなければ、ボイラー燃料としてユーザーに推奨できない。

適用範囲についてのご意見

  • 規格案では「無垢な樹木(付表2−1参照)のみを原材料とする」とあるが、この表現だと、外洋材、廃木材等から加工されたペレットは.適用外となり、規格の運用範囲が狭くなる。木質ペレット規格は基本的には加工できうる木質をできうるかぎり抱合するものであってほしい。
ペレットクラブの見解
  • 本規格は、2.適用範囲の備考1に示すとおり、一般に販売される木質ペレットを対象とし、一般消費者が安心して購入できる木質ペレット燃料の規格を目指している。それゆえ、ダイオキシン類や重金属類の発生が懸念される原材料は、本規格では原材料の適用外とする。
  • ただし、2.適用範囲の備考1に示すとおり、特定の購入者と製造業者間の協定等に基づいて特定取引される場合は、本規格の適用範囲外としており、意見にある原材料を加工したペレットは、この規定による運用をお願いしたい。

原材料、特に樹種や部位に関するご意見

  • 国内事情に左右されない毅然たる視点で、10年20年を見た規格とすべき。原料になる木材の種別を明確にすることが消費者の価格に対する目安となる。
  • ペレットの原料について、樹種や木の部分(木部または樹皮等)については早急に表示の義務化を願いたい。
  • 木部樹皮混合の割合を(例えば、樹皮10wt%30wt%以下のように)表示してもらいたい(燃焼機器メーカーとしては、燃焼特性を測定または規定するのに灰分量の表示のみでは判断がつきにくいため)。あるいは、木質ペレット製造業者に問い合わせればデータ(混合比率)を開示できるようにして欲しい。燃焼特性と灰分の関係についてペレットクラブでデータを持っているなら、開示して欲しい。
ペレットクラブの見解
  • 樹種の特定については、現状、様々な林業系の副産物がペレットの原料となっているため、燃料メーカー側での対応が難しいと考える。木部と樹皮の混合割合を詳しく表示する事についても、ペレット原料の組成が一定でない燃料メーカーが多いため、困難と考える。
  • 灰分と燃焼特性及び部位と燃焼特性の関係については、現段階ではっきりとした資料がなく、試験研究が必要な領域である。今後の情報収集をもって、改訂の際の課題としたい。

ペレットの品質基準に関するご意見

  • ペレットの直径が6mmと8mmしかないのは、今後不都合がでてこないか。
  • 成形機を試作する中で、ダイス直径が7mmに落ち着きそうだが、ペレットクラブ自主規格案では直径が6もしくは8mmなのでどうすればよいか困っている。
  • ペレットクラブ自主規格案によれば、ペレットは円柱状、6-8・5-25mmとされている。それより大きいブリケットは、対象外になるのか。将来、工業的利用ではペレットよりブリケットの方が、大きな用途になるのではないか。ペレットの延長では理解できない問題点が、ブリケットにどれだけあるか、正確にはわからないが、現在のオガライトなどは明らかにペレットと濃い親戚関係にあると思う。
  • ペレットの長さ及び水分の基準をもっと厳しく定めて欲しい。
  • 規格案に規定されている基準品は優良品で、高価なペレットのみを対象にしているように思う。寸法の公差±0.5mmは製造ダイスが磨耗してくると困難になると思われる。ペレット製造後は炉に投入して燃焼させるだけなので、燃焼効率に悪影響を及ぼさない範囲で公差をゆるくしてはどうか。取引の際にこの寸法公差を外れているもの(たとえば、破砕しているものもある)はどのように扱ったらよいか規定願いたい。また、低位発熱量、水分、灰分は木質ペレットの基本性状を決める重要な項目である。優良品の規格のみでなくA、B、Cランクのごとくランクづけを規定し、低級品ではあるが、燃焼には差し支えないものも本規格に含めて欲しい。
ペレットクラブの見解
  • ペレットの直径に関して、現時点において、7mmのダイスで操業する事業者が存在するため、4.品質基準に定める項目のうち、寸法(直径)mmについては、6±0.5または7±0.5または8±0.5、と改める。寸法の公差については、規定どおりに制定し、改訂の際に審議する。
  • ブリケットやオガライトについては、ペレットと同様の成形燃料ではあるが、本規格では対象外とする。
  • ペレットの長さと水分の基準については、約1年後に改訂を審議するので、その際の課題としたい。
  • ランク付けについても、今後の課題とする。

表示についてのご意見

  • 5.表示欄の5)の製造社名について、輸入ペレットの場合「製造業者名もしくは輸入業者名」と改めてはどうか。また、輸入の場合、原産国表示を行ったほうが良い。
ペレットクラブの見解
  • 5.表示欄5)に(輸入の場合は、製造業者名もしくは輸入業者名および所在地、電話番号、原産国)と追記する。

その他、事務局で追加・修正した事項

  • JIS規格用語を参考に、wt%を「重量パーセント」から「質量パーセント」に修正。
  • 粉化度の測定にはメッシュサイズの規定が必要なので、引用規格JIS Z 7302-10:2002のふるいの規定を、本規格では公称目開き4.5mmの金属製網ふるいを用いることと規定する。
  • 木質ペレット燃料の名称について、3.名称3)に示すペレットの名称は、わかりやすい表記を行うという観点から、「木部・樹皮混合ペレット燃料」とする。

5.木質ペレット燃料に関する自主規格(PC WPFS-1)

 木質ペレット燃料に関する自主規格(PC WPFS-1)(PDFファイル)

6.木質ペレット燃料に関する自主規格に関するお問い合わせ先

ペレットクラブ 事務局
担当:事務局長 小島健一郎

〒600-8127
京都市下京区梅湊町83-1
「ひと・まち交流館 京都」2階、京都市市民活動総合センター内

TEL:075-254-3202
FAX:075-254-3203
E-mail:office@pelletclub.jp
Copyright (C) 2004 Pellet Club Japan All Rights Reserved.
当ホームページ記載の内容に関する著作権は、すべてペレットクラブに帰属します